初めての夏休みを過ごしての息子の疑問

この夏休み、ダンス漬けの毎日を送っている娘を稽古場へ送って行った帰りに息子が聞いてきた言葉がなんだか面白かったのでメモっておこうと思う。

息子:ねえ、お母さんはさ、僕たちが生まれてきてどう思ってるの?

私:どうって、どういう意味で?

息子:いや〜、ちょっと面倒くさいな、こんなつもりじゃなかったのにな、みたいな?

成長日記

私:大変なことはあるけど、自分の子どものことなら結構頑張れるもんだよ?

息子:そうなんだ。いや〜、こんなに長い時間お母さんと一緒にいたことってそんなないじゃん?毎日お母さん見てると、なんかすんごいやること多いじゃん?ヨガ行って仕事して、僕たちのお世話して、お姉ちゃんの送り迎えして、掃除したりご飯作ったり・・なんか迷惑かけてんな〜って思ってさ〜

 

そんな会話を笑。
迷惑かけてんな〜なんて思うんだなと思うとなんかおかしくて笑。

そういえば、今朝息子の宿題をチェックしてる時、「夏休みの生活に関する目標」みたいな欄に「なるべく両親に迷惑をかけないように過ごす」って書いてあって・・

なんで親に迷惑かけないように夏休みを過ごすのさ!大体迷惑なことってなに?なんか悲しくなるから、もっと子どもらしい目標にしてくれる?って書き直してもらったっけ。

ずっと保育園で過ごしていたから、小学生になってここまでがっつりお休みになるという初めての経験をしている息子。
毎日夜遅くまでレッスンをして疲れてすぐ寝てしまう姉に「お姉ちゃん、お疲れ様」ってほっぺにチュってしたり、足をマッサージしてあげたり。

迷惑をかけまいとしているのか、すでに宿題を終わらせていたり。
7歳の息子も色々考えているんだな〜って、なんだか彼の成長を感じられた会話でした。

大変だ、もう嫌だってグチったこともないのに、お母さん忙しいな、大変だなって感じてくれたことが、なんだか嬉しかったな。


【 kokoshi cafe 入荷情報 】

画像クリックで詳細ページに飛びます。

高木浩二 彩泥リム皿(小)

若狭祐介 藍香釉26cmフチ皿

高木浩二 彩泥たまご鉢(小)

高木浩二 彩泥四方皿(小)

ミヤマリカ  豆皿