夫婦の揉め事の種はいつもこれ

子育てに費やす夫婦の時間バランスはそれぞれの家庭で違うでしょうが、我が家は結構きっちり役割分担が決まっています。二人で役割分担を決めたわけではなく、働き方や得意なこと、不得意なこと、自分がやりたくないことはやらない二人なので、自然と役割分担が決まってきたというか・・

ちなみに、私が食事や身の回りのお世話、日々の勉強や習い事の送り迎えなど。そして、主人は遊び担当。
ふと我に返った時、私の役割の方が多い気がしてイラっと来ることも昔はありましたが、私は自宅で仕事をしているし、だからこそ仕事も子育ても思うように関われていることもあるので、今の生活がやっぱりベストなんだろうという結論に(自分の中で)。

最近は、家事代行を依頼している方も増えてきている気がしますが、なぜこんなにも毎日忙しいのに、私が家事代行を頼まないのか、家庭学習をせず塾に任せないのか。

子育て日記

それは、人となりを知らない人が自宅にいることの居心地の悪さがどうしても自分の中で受け入れられないんだろうなと。掃除をしている時間で、心が整うし、家の状態を把握しておくのは、私にはとっても大事なことだと分かっているからかも。

誰もが譲れないもの、崩したくない習慣はあるもの。
フリーランスだからこそできる自由もあれば、家族がいるからこそ手放す自由も。
最近は、英語の予習復習、漢検の勉強、交換日記などなど・・子どもたちのお勉強に費やす時間も増えてきた。

***

今朝、なんとなく交わした主人との会話でちょっとした口論になりました。
それは、英会話の理解度が足りない、週に4日は受講すべき。なんで予習復習にそんなに時間をかけてるんだ?などなど、普段見てもいない主人が、結果だけを見て簡単に言ったその一言が頭にきて・・

会社に行ってるんだから仕方がないだろうと言われればそうなのでしょう。

でも、小さな変化でも私は分かってるし、彼らなりに頑張っていて、伸びている部分もそうでない部分も分かっているからこそ、簡単に見てわかる結果だけで色々判断できないもの。

分かって欲しいけど、見ていない時間を全て説明するのは難しい。
口論の種はいつもこれだけど、私もそろそろ受け流せるだけの心の広さを持たないといけないよなあと思ったり(思えなかったり)。
きっと、これだけ自分は頑張ってるのに!!っていう承認願望があるんだろうなあ。。

まだまだ私の中身は大方子どものままです。。