プチマルシェ:妊婦さんや子育て中のママ、雑貨好きの女子のための"カワイイ"を集めたサイトです
  • Dog & Cat
  • 「 パリにゃん 」酒巻 洋子 (著)

    猫はどうしていたってかわいいのだ。
    それでもってインテリアが素敵だと、猫がおしゃれに見える。
    そこがパリなのもズルい。パリの猫がオシャレじゃない訳ないじゃない。
    ジェラシーを抱きつつ、しっかりインテリアは参考にさせていただいています。

    楽天ブックスで購入する
    Amazonで購入する

    line

    「 パリ犬 」酒巻 洋子 (著)

    ハイ、犬も例外ではございません!

    楽天ブックスで購入する
    Amazonで購入する

    line

    「チロ愛死」荒木 経惟(著)

    私は愛猫の死をこんな風に愛おしく写真におさめることができるだろうか。
    ここまで愛し愛され、幸せだったなと、彼らが死んだ後、笑って想うことができるだろうか。

    分からないけど、彼らが逝った後も、幸せな思い出が悲しみを消し去ってくれるように。精一杯愛そうと想うのだ。

    楽天ブックスで購入する
    Amazonで購入する

    line

    「愛しのチロ」荒木 経惟(著)

    いろんなチロがいる。
    ずっとチロと暮らしてきたみたいな錯覚
    この本が猫の本の中でも一番好きだ。

    楽天ブックスで購入する
    Amazonで購入する

    line

    「ユリイカ」2010年11月号

    たくさんの著名人が語る「猫」のエピソード。
    やっぱりアラーキーのチロが一番好きで好きで仕方がないけれど、この人もこんな風に猫と生きてきたんだと、とっても楽しく読める。

    楽天ブックスで購入する
    Amazonで購入する

    line

    「猫語の教科書」ポール ギャリコ (著)

    そうそう、うちの猫もこんな仕草するわ。とか、
    うんうん、確かにこんなこと考えてそう♡とクスクスしながら読める一冊。
    改めて自分がいかに猫好きか思い知らされる。

    楽天ブックスで購入する
    Amazonで購入する

    line

    「めめぼん」文:竹内華子 写真:清水桜子

    著者のhanaさんと桜子さんは私の初めての猫友です。
    めめやごま、ふくさんののんびりとした時間に癒されて下さい。

    楽天ブックスで購入する
    Amazonで購入する

    line

    「We Love Meme」 文:竹内華子 写真:清水桜子

    産まれて間もない頃のめめは、動く人形みたいだった。
    どこを切り取っても、ポストカードになりそうな、完璧な可愛さ。
    大人になってからはにいぐるみみたい。
    きっと彼女はおばあちゃんになってもかわいいままなんだ。
    楽天ブックスで購入する
    Amazonで購入する

    line

    「ふくごまめめ」 文:竹内華子 写真:清水桜子

    3にゃん本登場!
    やっぱりこの3にゃんの写真集が一番のお気に入り。
    のんびり幸せな時間の流れにふくさんの存在は欠かせないし、ごま母さんの優しさも語らずには始まらない♪
    楽天ブックスで購入する
    Amazonで購入する

    line

    「かわいい猫の飼い方・しつけ方」 作佐部 紀子 (監修)

    我が家の猫たちが少し登場しています。
    どんどん増えていく家族。ミュウの視線で語られています。
    彼が今のような丸い性格になるまでには色んな葛藤があったのよね。
    楽天ブックスで購入する
    Amazonで購入する

    line

    「世界の猫インテリア」 (エクスナレッジムック)

    猫がいてもこれだけおしゃれに!?って、やっぱりお金は掛かるよね。。という印象。
    でも、参考にはなります。
    ここまでできなくても、アイデアを引き出すヒントには十分。
    楽天ブックスで購入する
    Amazonで購入する

    line

    「世界の猫インテリア」 佐々木 ルリ子 (著)

    猫グッズってどこかかわいくなくて、世の中にはかわいい猫グッズってないものかと思っていたけど、ここにあった!
    ついつい買ってしまう猫グッズがたくさん。たまらない。

    楽天ブックスで購入する
    Amazonで購入する

    line

    「まこという名の不思議顔の猫」 前田 敬子 岡 優太郎

    どれだけ見ても飽きない。どれだけ時間が経っても古くならない。
    不思議な本。
    まこがきっかけで、前髪真ん中分けの猫が無条件にかわいく見えてしまう。

    楽天ブックスで購入する
    Amazonで購入する

    line

    「続 まこという名の不思議顔の猫」 前田 敬子 岡 優太郎

    まこ本第2弾。
    出た、この表紙。
    どうして和食がこれほどまでに似合うんだ、まこは。
    まこ本はすべて購入しても無駄にはならない。
    楽天ブックスで購入する
    Amazonで購入する

    line

    「まこという名の不思議顔の猫 参」 前田 敬子 岡 優太郎

    これを最後にブログも終了してしまった。。
    悲しすぎる。。
    だけどまこ本は3冊とも大事に大事にしています。
    楽天ブックスで購入する
    Amazonで購入する

    line

    「ねこ」 岩合光昭 (著)

    岩合さんの本の中でおすすめの本をひとつ選ぶのは難しい。
    だけど、この本は写真展を見てからずっと忘れられない一冊で、ねこのかわいらしさを再確認した一冊だった。ねこの撮り方も、ものすごく勉強させていただいています。
    楽天ブックスで購入する
    Amazonで購入する

    line

    「TO CATS—ネコのいるシアワセ」 クォン ユンジュ (著)

    写真はそれほどでもないのに、なぜかお気に入りなこの一冊。
    「ネコがいるシアワセ」それがものすごく共感できて、やっぱり手放せない。
    猫って本当に幸せを運んで来てくれるんだって、猫に興味がない人に教えたい。
    楽天ブックスで購入する
    Amazonで購入する

    line

    「あたしの一生」 ディー レディー (著) 江國 香織 (翻訳)

    確かに、ねこって全部分かって人間に合わせてくれてる気がする。
    もちろん気が向かないときは全然合わせようなんて考えてもくれない。
    だけど、どの仕草をとっても猫には愛がある。私も彼らにいっぱい愛されてるよなあと思うとやっぱり泣いてしまうのよ。
    楽天ブックスで購入する
    Amazonで購入する

    line

    「ねこ」 雑誌/ネコ・パブリッシング

    たくさん猫雑誌出てるけど、私はこの雑誌の写真が一番すきかな。

    楽天ブックスで購入する
    Amazonで購入する
    定期購読する